エース志願登板でチーム一丸!二松学舎大付、延長制す

[ 2011年7月24日 06:00 ]

東東京大会5回戦 二松学舎大付9―6錦城学園

(7月23日 神宮)
 二松学舎大付は右足内転筋を痛めていた2年生エース鈴木が同点の9回に志願登板。ピンチを切り抜けてチームは一丸となり、延長10回に3点を勝ち越し。錦城学園を振り切って2年ぶりの8強進出を決めた。

 最速147キロで来秋ドラフトで注目を集める鈴木は「負けそうだったし自分がいくしかないと思った。もう足は大丈夫。次は先発でいけます」と次戦を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月24日のニュース