西岡 3打数2安打「いい結果が出て良かった」

[ 2011年7月24日 09:10 ]

タイガース戦の7回、左前打を放つツインズ・西岡

 ツインズの西岡剛内野手は23日、ミネアポリスでのタイガース戦で「9番・遊撃」で出場し、3打数2安打だった。内容は空振り三振、遊撃内野安打、左前打で打率は2割3分3厘。チームは4―1で勝った。

 4回の第2打席で3試合ぶりの安打を放った西岡は、7回にもヒットを打って複数安打を記録した。チームも首位タイガース相手の連敗を11で止めたとあって「いい結果が出て良かった」とほっとした表情を浮かべた。
 1本目は俊足を生かしての遊撃内野安打。左打席から真ん中低めの速球を左前へ打ち返した2本目は「右肩が残って、いいバッティングだった。理想の形になる」と自賛できるものだった。
 なかなか波に乗れない状況が続く。左前打のイメージを大切にしながら「自分のスイングをしようと努力している」と気持ちを引き締めた。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月24日のニュース