花巻東、2年ぶり甲子園王手!決勝での大谷先発を予告

[ 2011年7月24日 06:00 ]

岩手大会準決勝 花巻東4―3盛岡四

(7月23日 岩手県営)
 花巻東は先発した佐々木毅が4―0の9回に3ランを浴びたが、盛岡四に4―3で競り勝って菊池(西武)を擁した09年以来2年ぶりの甲子園出場に王手をかけた。

 佐々木洋監督は準決勝の大一番でも最速151キロの2年生エース大谷を登板させず。最後は同じ2年生の左腕・小原がしびれる場面を抑えた。今夏の大谷は、準決勝まで5試合で1回2/3しか投げていないが、指揮官は「最後なのであす(24日)は頑張ってもらおうと思う」と決勝での登板を明言。満を持して決勝のマウンドに上がる大谷も「(1回2/3で4失点した4回戦の)久慈東戦は打たれたので、その分も返したい」と快投を宣言した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月24日のニュース