中日、サヨナラ負け…ついに交流戦で借金1

[ 2010年5月30日 18:31 ]

 【中日5―6ソフトバンク】中日は延長十一回2死満塁の勝ち越し機で荒木が遊ゴロに倒れ、その裏にサヨナラ負けを喫した。

 一回に3点を先制してもらいながら、先発の中田賢は五回途中3失点で降板。打線も五~十回は無安打に終わるなど追加点を奪えず、最後は5番手の平井がつかまった。落合監督は「誰がいる?」と、打てる手は打ったといった口ぶり。
 4連勝で始まった交流戦は借金1となったが、我慢強く起用してきたセサルが3安打する収穫もあった。指揮官は「いいところは伸ばせばいいし、悪い部分は解消すればいい」と笑顔も見せた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年5月30日のニュース