松井秀4打数無安打「甘い球とらえられなかった」

[ 2010年5月30日 06:00 ]

<エンゼルス・マリナーズ>4回1死一塁、空振り三振に倒れる松井

 【エンゼルス3―8マリナーズ】エンゼルスの松井は4打数無安打で、今季自己最長だった連続試合安打は「5」で途切れた。昨年のワールドシリーズ以来の対戦となった左腕リーには1、2打席目に連続空振り三振。3打席目も左飛に打ち取られた。

 「(リーがフィリーズに在籍したワールドシリーズの時と)変わった感じはしないけど、良かったと思う。甘い球もあったが、ちゃんととらえられなかった」。通算対戦打率は・294と決して悪くなかったが、手玉に取られた。
 チームは初回に2点を先制したが、3回1死から6回途中までのアウト9個はすべて三振で取られるなど、尻上がりに調子を上げたリーに抑えられ、連勝は2で止まった。本拠地で迎えた同地区のマ軍との3連戦初戦を手痛い黒星発進。チームも松井も、これ以上の足踏みは許されない。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年5月30日のニュース