4試合ぶり先発の小笠原“美技”で貢献 

[ 2010年5月30日 06:00 ]

 【巨人4―0西武】23日のオリックス戦(東京ドーム)で死球を受け、右手尺側部を痛めていた巨人の小笠原が4試合ぶりに3番・三塁で先発出場した。

 7回1死一塁では高山の三遊間への打球をダイビングで好捕。一塁走者を二塁で封殺するなど鋭い動きも披露した。打撃は8回の内野安打の1安打に終わったが「守備ぐらいは貢献しないとね。頑張りました」と笑顔で振り返った。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2010年5月30日のニュース