帆足まさか…今季ワースト8安打4失点

[ 2010年5月30日 06:00 ]

<西・巨>7回無死、長野(左)に中越え本塁打を浴び厳しい表情の帆足

 【西武0―4巨人】帆足が巨人戦初黒星。得意のデーゲームでの連勝も5で止まった。3回に不運な安打で先制を許すと4回はラミレス、7回は阿部、長野に一発を浴びて7回途中でマウンドを降りた。

 8安打、4失点はともに今季ワースト。ここまで10試合で被本塁打わずかに1本だったが、自己ワーストタイとなる3被弾。4安打が初球を狙われたことに「どんどん振ってきていたので初球から勝負のつもりで投げたんですけど、甘かった。調子はいつも通りだった。完敗です」と肩を落とした。
 細川も「初球からガンガン振ってきた」と、カウントを取りにいった球で痛打を浴びたことを反省した。

 ≪凡ミスに怒怒怒≫守りと走塁面で凡ミスが目立った。3回2死二塁から左中間への飛球を追った左翼・大崎が、フェンス手前で捕球をためらいタイムリー二塁打。8回1死一、二塁の反撃機では二塁走者の上本が中飛に飛び出して併殺に。渡辺監督は「やることをやっての負けなら仕方ないけど…。一回引き締めないとね。ボーンヘッドは反省しないといけない」と怒り心頭だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年5月30日のニュース