広島 スタルツ好投も…継投策が裏目

[ 2010年5月30日 06:00 ]

 【広島2―3楽天】先発のスタルツが好投も、2点リードからの継投策が裏目に出た。8回、2番手の林が同点とされ、延長10回は故障明けの永川勝が制球難。2四球などで満塁として嶋にサヨナラ適時打を浴びた。

 エース岩隈を相手に勝ちを拾える展開だっただけに、野村監督は救援陣の乱調に我慢がならない様子。「ストライクを取ることでいっぱいいっぱい。きちっと抑えてくれないと、投げるところがなくなる」と苦言を呈した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年5月30日のニュース