男になりました!ムネリン同点打&サヨナラ打

[ 2010年5月30日 20:18 ]

 【ソフトバンク6―5中日】同点打に加え、サヨナラ打も放った。まさに千両役者といったところか。ソフトバンクは延長十一回2死三塁から川崎の左前打で接戦にけりをつけた。「やりました。ここで決めないと男じゃないと思った。男になりました」。ヒーローはお立ち台で大歓声を受け、気持ちよさそうに胸を張った。

 粘り強い戦いぶりだった。一回に3点の先行を許したが、二回にペタジーニの復帰後初安打と山崎の二塁打で追い付く。さらに3―5とされても、六回2死二、三塁から川崎の2点中前打で同点とした。中継ぎ陣4人も無失点で踏ん張った。
 川崎は「とにかく僕らはあきらめない。チーム一丸となっている」と力強く話し、秋山監督は「よう打ったし、リリーフ陣も頑張った。負けると勝つとでは(違いが)大きいからな」と喜んだ。
 史上初の3連覇を目指す交流戦は開幕カードで中日に連敗を喫するなど伸び悩んだが、因縁の相手に連勝して今季初めて貯金をつくった。価値ある3打点を挙げた川崎は「名古屋でやられていたので、何とかしたかった」と満足そうだった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年5月30日のニュース