慶大 打線沈黙3安打、初回の3失点重く…

[ 2010年5月30日 18:51 ]

 【慶大2―4早大】2連勝で優勝を決めたいと語っていた慶大の江藤監督は「決しておぜん立てしたわけじゃない。勝ちたかった」と力なくため息をついた。

 今秋のドラフト候補をつぎ込んだ早大の投手リレーの前に今季最少の3安打。一回に献上した3点が重く響いた。1勝1敗で迎える大一番には「負けるとやってきたことが無になる」と自らに言い聞かせるように語り、厳しい表情で球場を後にした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年5月30日のニュース