早大が雪辱勝!優勝は31日3回戦で決定

[ 2010年5月30日 16:15 ]

 東京六大学野球リーグ最終週第2日は30日、神宮球場で早慶2回戦を行い、早大が慶大に4―2と雪辱して1勝1敗とした。

 31日の3回戦で早大が勝てば3季ぶり42度目、慶大が勝てば11季ぶり32度目の優勝が決まる。勝ち点3で並んでいる上位3校は、勝率により早大と慶大の2位以上と明大の3位が確定した。
 早大は一回に宇高が2死満塁から二塁打を放って3点を先制。福井が6回2失点でしのぎ、七回から大石が救援して逃げ切った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年5月30日のニュース