渋野日向子が復活V 1年11カ月ぶりのツアー5勝目、4人のプレーオフ制す 女子ゴルフ

[ 2021年10月10日 15:59 ]

女子ゴルフ スタンレー・レディース最終日 ( 2021年10月10日    静岡県・東名CC=6592ヤード、パー72 )

<スタンレーレディース・最終日>優勝した渋野日向子(左)とローアマの佐藤心結(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 5位から出た渋野日向子(22=サントリー)が6バーディー、2ボギーの68で回り、通算10アンダーで並んだ4人のプレーオフを制し、19年大王製紙エリエール・レディース以来1年11カ月ぶりのツアー通算5勝目を挙げた。

 18番パー5で行われたプレーオフは、1ホール目で木村彩子(25=富山常備薬グループ)が脱落。2ホール目でバーディーを奪った渋野が、佐藤心結(みゆ、18=茨城・明秀日立高3年)、ペ・ソンウ(27=韓国)を破った。

 西村優菜(21=スターツ)と西郷真央(20=大東建託)が9アンダーで5位。山下美夢有(20=加賀電子)が8アンダーで7位。東京五輪銀メダリストの稲見萌寧(22=都築電気)は7アンダーで8位だった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月10日のニュース