12歳・島田麻央「決められてうれしい」7カ月ぶり4回転トーループ成功 近畿選手権

[ 2021年10月10日 11:13 ]

京都・木下アカデミー京都アイスアリーナ ( 2021年10月10日 )

<フィギュアスケート近畿選手権大会>ノービスA女子で演技する島田麻央(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 ノービスA女子のフリーで、日本スケート連盟の強化選手Aに指定されている12歳の島田麻央(木下アカデミー)が120・83点をマークした。冒頭の4回転トーループに成功。試合で決めたのは今年3月の京都府選手権以来約7カ月ぶり2度目となり「全然決まってなくて悔しかった。今回決められてうれしかったです」と喜びを口にした。

 本番で100%の力を出せるような調整を心がけ、その後も大きなミスなく演じ切った。京都府選手権から3点ほど得点も高く「スピンも前より早く回れたのでそこも良かった。4回転以外にも進歩したところがあったと思う。点数に表れて良かった」と収穫を語った。

 将来の夢は「オリンピックに出て金メダルを獲ること」。その夢に向かって、目の前のシーズンを見据えている。「全日本ノービスなど大事な試合で良い演技ができるようにしたい」と決意を新たにした。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月10日のニュース