片岡尚「8個くらいバーディーチャンスあったけど…」パット不調で3差2位後退

[ 2021年10月10日 05:30 ]

男子ゴルフツアー ブリヂストン・オープン第3日 ( 2021年10月9日    千葉市・袖ケ浦CC袖ケ浦C=7119ヤード、パー71 )

2番、ティーショットを打つ片岡尚(撮影・西川 祐介)
Photo By スポニチ

 首位で出た片岡尚之(23=フリー)は71と伸ばせず、3打差の2位に後退した。

 初めてのトーナメントリーダーで3日目に臨んだ片岡尚は、パットに足を引っ張られ71と足踏み。「8個くらいはバーディーチャンスがあったけど、緊張とプレッシャーで思うように手が動かなかった」と悔しそうに話した。

 それでも首位と3打差なら十分に逆転の可能性がある。「明日は追いかける立場なのでガンガンいけたらいいなと思います」と5月のプレーヤーズチャンピオンシップ・サトウ食品に続く今季2勝目に照準を合わせた。

 ▼3位・金谷拓実 首位との差はちょっとありますけど、ビッグスコアを出して優勝したいと思います。最初からどんどんスコアを伸ばしていきたい。(4打差の3位に浮上)

 ▼3位・小斉平優和 今までで一番自分に期待しています。自然体でできれば優勝できるんじゃないかと思います。(69で回り逆転V圏内に踏みとどまる) 

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年10月10日のニュース