前半を終えツアー未勝利の杉山が単独首位キープ 23歳のホープ片岡尚が1打差と追い上げ

[ 2021年10月10日 12:18 ]

男子ゴルフ ブリヂストン・オープン最終日 ( 2021年10月10日    千葉県・袖ケ浦CC袖ケ浦C )

3番、ティーショットを打つ杉山(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 首位で出たプロ7年目、ツアー未勝利の杉山知靖(28=レイクウッドコーポレーション)が前半のアウトを3バーディー、1ボギーの33でターンし、通算16アンダーで9ホールを終え首位をキープしている。

 杉山は1番で第2打をバンカーに入れ、3打目も4メートルまでしか寄せられなかったが、これを1発で沈めパーセーブ。良い流れをつかみ、3番でバーディーを決め1つ伸ばした。しかし6番で第2打をグリーン奥のバンカーに入れてしまう。ボールは縁に近く、テークバックをしっかり取れない難しい状況。3打目もグリーンオーバーさせてピンチを迎える。それでもアプローチを20センチに寄せてボギーでしのいだ。

 このホールでバーディーを決めた片岡尚に通算14アンダーで並ばれたものの、続く7番で4メートルのバーディーパットを沈め再びトップに。単独首位で前半を折り返した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月10日のニュース