海老沼匡氏 柔道男子軽量級アシスタントコーチ起用へ 66キロ級で五輪2大会連続銅メダリスト

[ 2021年10月10日 05:30 ]

海老沼匡氏
Photo By スポニチ

 柔道男子66キロ級で五輪2大会連続銅メダルを獲得し、今年4月に現役を引退した海老沼匡氏(31)が、男子日本代表軽量級のアシスタントコーチに起用されることが9日、関係者の話で分かった。これまで担当コーチを務めていた古根川実氏と共に強化を担う。

 また中量級は元世界王者の秋本啓之氏、90、100キロ級は08年北京五輪81キロ級代表の小野卓志氏、100キロ超級は百瀬優氏が新たに担当コーチに就任する。

 女子では東京五輪70キロ級金メダリストで9月に現役を引退した新井千鶴氏(27)がジュニアの指導陣に加わることになった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月10日のニュース