渋野日向子 1年11カ月ぶりVにファンも涙「速報を見ているだけで泣いてしまった」「感極まりました」

[ 2021年10月10日 17:33 ]

女子ゴルフ スタンレー・レディース最終日 ( 2021年10月10日    静岡県・東名CC=6592ヤード、パー72 )

<スタンレーレディース・最終日>プレーオフで優勝を決め涙を見せる渋野日向子(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 女子ゴルフの渋野日向子(22=サントリー)が10日、スタンレー・レディースで19年大王製紙エリエール・レディース以来1年11カ月ぶりのツアー通算5勝目を挙げた。最終日のこの日、6バーディー、2ボギーの68で回り、通算10アンダーで並んだ4人のプレーオフを制した。

 18番パー5で行われたプレーオフ1ホール目で木村彩子(25=富山常備薬グループ)が脱落。2ホール目でバーディーを奪った渋野が、佐藤心結(みゆ、18=茨城・明秀日立高3年)、ペ・ソンウ(27=韓国)を破った。

 インターネット上では、渋野の1年11カ月ぶりVのうれし涙に「スマホのリアル一打速報見て泣きました。こんなに嬉しく、幸せな気持ちになれるのは久しぶりです」「インターネットの速報を見ただけで、感極まりました」「速報を見ているだけで泣いてしまった」とファンも涙。久々の優勝に「苦しんだ分だけ喜びが大きいでしょう。アメリカ行きに弾みがつきましたね。嬉し涙が素敵です。本当におめでとうございます!」「やっぱりすごい。そしてファンを魅了する」「最終ホールからのバーディラッシュお見事でした!」など称える声にあふれた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月10日のニュース