【出雲駅伝3区】創価大・ムルワ 驚異の8人抜きで区間賞「楽しかった。でもめっちゃ暑い」

[ 2021年10月10日 13:35 ]

第33回出雲全日本大学選抜駅伝競走 ( 2021年10月10日    島根・出雲大社前~出雲ドーム前、6区間45・1キロ )

創価大・ムルワ
Photo By スポニチ

 学生3大駅伝の初戦、第33回出雲全日本大学選抜駅伝競走は10日、島根・出雲大社正面鳥居前から出雲ドーム前までの6区間45・1キロで2年ぶりに行われ、3区(8・5キロ)では、フィリップ・ムルワ(創価大3年)が8人抜きの快走を見せ、23分49秒で区間賞を獲得した。

 3区の斐川直江中継所で10位でタスキを受けたムルワは、前半から突っ込んで入り、次々を前を走る選手たちを追い抜き、最後までスピードは衰えず、8人を抜いて2位に浮上した。

 レース後、ムルワは、日本語で「楽しかったです。でも今日はめっちゃ暑いね。ターゲットタイムは23分50秒台。ターゲットタイムで走れました」と話した。この日のスタート時の気温は29・7度だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月10日のニュース