笹生が4打差の2位浮上「ショットをコントロールできた」 畑岡は17位 米女子ゴルフ

[ 2021年10月10日 09:32 ]

米女子ゴルフ ファウンダーズ・カップ第3日 ( 2021年10月9日    ニュージャージー州 マウンテンリッジCC=6612ヤード、パー71 )

笹生優花(AP)
Photo By AP

 第2ラウンドの残りと第3ラウンドが行われ、第3ラウンドを9位から出た笹生優花(20=ICTSI)は5バーディー、1ボギーの67で回り、通算9アンダーの204で首位と4打差の2位タイに浮上した。

 畑岡奈紗(22=アビームコンサルティング)は第3ラウンドで5バーディー、ボギーなしの66とし、通算5アンダーの208で17位。横峯さくら(35=エプソン)は通算2オーバーで予選落ちした。

 通算13アンダーの高真栄(26=韓国)が首位を守った。

 ▼笹生優花 スコアも良く、楽しく回ることができた。(予選ラウンドの)2日間よりも風があり寒かったが、ショットをコントロールすることができた。全体的にパットも入ってくれた。

 ▼畑岡奈紗 まだ取りこぼしはあるけど、上出来かな。ティーショットもアイアンも、予選ラウンドに比べて安定していた。かなり順位を上げることができたので、(最終日は)上位争いをしたい。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年10月10日のニュース