豊田自動織機・長谷川「強い気持ちを出して投げた」指揮官ヒヤヒヤさせる薄氷ピッチも気迫で完投勝ち

[ 2021年10月10日 05:30 ]

第54回日本女子ソフトボールリーグ1部第8節   豊田自動織機3―2シオノギ製薬 ( 2021年10月9日    保土ケ谷球場 )

<シオノギ製薬・豊田自動織機>完投勝利を挙げた豊田自動織機・長谷川(日本ソフトボール協会提供)
Photo By 提供写真

 豊田自動織機の長谷川が、指揮官をドキドキさせながら、完投勝利を挙げた。最終回に1点差に迫られなおピンチが続いたが逃げ切り、今季4勝目をマーク。「1試合投げきりたいという強い気持ちを出して投げた」と気迫で乗り切った。エースのエスコベドを送ることも頭にあったという永吉慎一監督は「自分でつくったピンチだから頑張ってもらおうと思った。ひやひやしますけどね」とルーキー左腕の奮闘に胸をなで下ろした。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年10月10日のニュース