渋野 2差5位の好位置、ツアー5勝目へ闘志「冷静に目の前の一打に集中」

[ 2021年10月10日 05:30 ]

女子ゴルフツアー スタンレー・レディース第2日 ( 2021年10月9日    静岡県 東名CC=6592ヤード、パー72 )

1番、笑顔を見せる渋野日向子(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 渋野日向子(22=サントリー)は67と伸ばし、通算6アンダーで首位と2打差5位の好位置につけた。

 渋野が急浮上した。パー5の3番と8番では、最近伸びた飛距離を生かし2オンに成功して楽々バーディー。「前半のパー5で2つともバーディーを取れて、いい内容だった」と胸を張った。

 最終日は2打差の5位から2年ぶりのツアー5勝目を目指す。「チャンスのある位置だと思うけど、狙っていくとよくこける。冷静に目の前の一打に集中していく」と静かに闘志を燃やした。

 ▼1位・小祝さくら インコースで伸ばせず悔しい。優勝争いできるのはうれしいけど、調子が良くないので不安もある。逃げずに行きたい。(8月のCATレディース以来の優勝が目前)

 ▼4位・西村優菜 このコースはフェードを打たないといけないホールが多い。昨日はそれがかみ合わなかった。今日はうまくいったのでスコアにつながった。明日も気負わず60台を目指す。(ツアー5勝目へ1打差を追う)

 ▼9位・稲見萌寧 風もあって、狙っていくラインもかみ合わなかった。一つでも上に行けるよう明日も目の前の一打に集中していく。(自身初の同一大会連覇を狙う)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年10月10日のニュース