×

羽生結弦、2大会ぶりの世界国別対抗戦へ 4月14日公式練習ドキュメント

[ 2021年4月14日 18:04 ]

<世界フィギュアスケート国別対抗戦・公式練習>公式練習に臨む羽生結弦(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦の開幕を15日に控え、17年大会以来2大会ぶりに出場する男子の羽生結弦(ANA)が14日、午後の公式練習で調整した。

 【羽生結弦 2021年4月14日公式練習ドキュメント】

 ▽15:07 会場に到着、関係者と談笑する。

 ▽15:08 小走りで階段を下りながら会場に入る。

 ▽16:08 両手でプーさんのティッシュカバーを抱えながら、リンクサイドに姿を見せる。

 ▽16:10 公式練習スタート。左足でリンクイン。関係者がプーさんのティッシュカバーをフェンスに設置。

 ▽16:11 ゆっくりとスケーティング。

 ▽16:13 軽快にステップを刻む。

 ▽16:14 会場を見渡す。1回転でジャンプの確認に入る。

 ▽16:15 黒ジャージーを脱ぐ。3回転ループを跳ぶ。

 ▽16:16 3回転ルッツ―オイラー―3回転サルコーを跳ぶ。

 ▽16:17 ドリンクを口に含む。

 ▽16:18 トリプルアクセルを決める。

 ▽16:19 4回転トーループ―オイラー―3回転サルコーに成功。

 ▽16:20 4回転トーループ―3回転トーループは3回転の着氷がやや乱れる。

 ▽16:21 4回転サルコーはこらえて着氷。

 ▽16:22 4回転サルコーをクリーンに成功。

 ▽16:23 両手を腰に当ててゆっくりと滑る。

 ▽16:24 リンクを漂う。3回転ループを決める。

 ▽16:25 ドリンクを飲む。屈伸して再び滑り始める。

 ▽16:25 曲かけはフリー「天と地と」

 ▽16:26 4回転ループを決める。サルコーは2回転に。

 ▽16:27 トリプルアクセル―2回転トーループを成功、3回転ループで右手をつく。

 ▽16:28 トーループの4―3回転を決める。4回転トーループ―オイラー―3回転サルコーも成功。

 ▽16:29 トリプルアクセルの着氷はやや乱れる。その後、両手を腰に当てて滑る。苦笑いも。

 ▽16:30 曲かけ終了。4方向に礼。

 ▽16:31 ドリンクを口に含む。

 ▽16:33 4回転サルコーに成功。トーループの4―3回転も決める。

 ▽16:34 アクセルの回転が抜けて肩を落とす。踏み切り位置を確認。

 ▽16:35 ドリンクを口に含む。

 ▽16:36 トリプルアクセルを決める。

 ▽16:37 3回転フリップを跳ぶ。

 ▽16:38 自分と対話しながら滑る。トリプルアクセルの着氷が乱れる。

 ▽16:39 トリプルアクセルを決める。その後、リンクを漂う。

 ▽16:40 ドリンクを飲む。

 ▽16:41 アクセルの踏み切りを確認する。トリプルアクセル成功。

 ▽16:42 トリプルアクセル成功。

 ▽16:43 ゆっくりとスケーティング。ステップを確認。

 ▽16:44 トリプルアクセルを決める。ドリンクを口に含む。

 ▽16:45 トーループの4―3回転を決める。日本チームのブースから見守る日本スケート連盟の竹内洋輔フィギュア強化部長らが拍手。

 ▽16:46 4回転トーループは転倒。

 ▽16:48 4回転トーループを決める。

 ▽16:49 両手を腰に当て、思考を巡らせながら滑る。トリプルアクセル成功。

 ▽16:50 公式練習終了。4方向に礼。整氷の人にも礼をし、リンクの外へ。

 ▽16:51 リンクを後にする。

 ▽17:25 オンライン取材スタート。

 ▽17:38 オンライン取材終了。

 ▽17:51 会場を後にする。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月14日のニュース