【東京五輪 日本代表選考予定】バドミントン 桃田に続く男子2枠目争い白熱 6・15世界ランクで決定

[ 2021年4月14日 05:30 ]

東京五輪代表の座を争う常山幹太(左)と西本拳太
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスの感染拡大で止まっていた東京五輪の日本代表選考が再開し、本格化してきた。柔道は昨年12月に男子66キロ級代表決定戦で阿部一二三が勝って内定し、全14階級の代表が出そろい、ソフトボールは3月に団体球技では最も早く代表15選手を発表した。競泳は今月上旬の代表選考会で、池江璃花子ら代表計33人が決まった。今後は体操、陸上のトラック・フィールド種目などの代表選考会が行われ、最終段階へと向かう。

 大会中止、延期が相次いだバドミントンは、6月15日付の世界ランキングで出場選手、枠が確定する。各国・地域の最大出場枠は「2」で、シングルスは16位以内に2人、ダブルスは8位以内に2組入れば最大枠を獲得。残り3試合前後となった状況での焦点は、出場確実の桃田賢斗(NTT東日本)に次ぐ男子シングルスの2枠目争い。選考ランク12位の常山幹太(トナミ運輸)の逃げ切りか、それとも同17位の西本拳太(岐阜県協会)の猛追か。1枠を巡るバトルが繰り広げられる

 また、男子ダブルス勢による2枠確保も注目される。同4位の遠藤大由、渡辺勇大組(日本ユニシス)と、同5位の園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)がそろって五輪切符を狙う。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月14日のニュース