羽生結弦から松山英樹へ「凄く凄く誇らしい」

[ 2021年4月14日 17:59 ]

<世界フィギュアスケート国別対抗戦・公式練習>公式練習に臨む羽生結弦(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦(丸善インテックアリーナ大阪)の開幕を15日に控え、17年大会以来2大会ぶりに出場する男子の羽生結弦(ANA)が14日、午後の公式練習で調整した。練習後のオンライン取材では、男子ゴルフのマスターズを制した松山英樹(LEXUS)に関する質問も出た。

 羽生はテレビで観戦していたことを明かし、「実は、ちょっと生で見ていて。朝早かったんですけど、ちょっと生で見ていて。最後の制覇したところはちょっと見られなかったですけど、あの、9ホールくらいですかね、毎日見させていただいて応援させていただいていました。ほんとに僕自身、仙台の方で表彰していただいたり、宮城で表彰していただいたりする時にお会いしたことがあったんですけれども。羽生結弦としてじゃなくて、ほんとに仙台市民として宮城県民として凄く凄く誇らしいですし。何よりゴルフ界で日本人でマスターズを制覇するということがどれだけ大変かということを凄く凄く分かっているので。なんか『おめでとう』とか『すごいですね』とかそういう言葉ではなく、なんか日本ゴルフ界にほんとに松山英樹さんという方がいたという証を残したんだなと思っています」と話していた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月14日のニュース