紀平梨花、フリーは昨季使用曲 腰不安で4回転は回避

[ 2021年4月14日 15:53 ]

<世界フィギュアスケート国別対抗戦・公式練習>公式練習に臨む紀平梨花(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦(丸善インテックアリーナ大阪)の開幕を15日に控え、女子の紀平梨花(トヨタ自動車)が14日、公式練習で調整し、オンラインで取材に応じた。

 今季フリーは「Baby, God Bless You」を滑ってきたが、今大会は昨季の「インターナショナル・エンゼル・オブ・ピース」で舞う。曲変更を決断したのは1週間前。「今季のフリーは流れがあるけど、ジャンプが1個崩れると崩れてしまうプログラム。慣れている、タイミングをつかみやすい曲に替えようと思った」と明かした。

 前日(13日)に腰の右側を痛め、今大会は4回転サルコーを回避する。「昨日(13日)はやばいかもと思ったけど、(昨日の痛みが)10だったら(今日の痛みは)7くらいにマシになってきた。明日5になるとうれしいな」。不安を抱えて臨む今季最終戦。「全力で楽しみながら、全力で日本に貢献できるようノーミスの演技を揃えて、元気で笑顔で終われるような試合になればいい」と話していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月14日のニュース