【東京五輪 日本代表選考予定】バレーボール 男子主将に絶対的エース石川 6月下旬メンバー決定

[ 2021年4月14日 05:30 ]

バレーボール男子日本代表の石川祐希
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスの感染拡大で止まっていた東京五輪の日本代表選考が再開し、本格化してきた。柔道は昨年12月に男子66キロ級代表決定戦で阿部一二三が勝って内定し、全14階級の代表が出そろい、ソフトボールは3月に団体球技では最も早く代表15選手を発表した。競泳は今月上旬の代表選考会で、池江璃花子ら代表計33人が決まった。今後は体操、陸上のトラック・フィールド種目などの代表選考会が行われ、最終段階へと向かう

 バレーボールは現在、男女ともに代表登録メンバー24人が選出されている。その中から5月1、2日に有明アリーナで行われる中国戦で12人がベンチ入り予定。最終的には5月末からイタリアで集中開催されるネーションズリーグを経て、6月下旬に五輪代表12人が決まる。男子ではすでに絶対的エースの石川祐希(ミラノ)が主将に決定。女子はセッター争いが注目で田代佳奈美(デンソー)、関菜々巳(東レ)、籾井あき(JT)らが狙う。

 ビーチバレーは男女ともに最大2組が出場可能。5月22、23日の代表決定戦で開催国枠が決まる。残り1枠は6月14日付のオリンピックランキング上位15チームに入るか、同18日から始まるアジア最終予選での優勝が条件になる。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月14日のニュース