宇野昌磨、公式練習で超大技3A―4T着氷 フリーで投入予定

[ 2021年4月14日 11:27 ]

<世界フィギュアスケート国別対抗戦・公式練習>公式練習に臨む宇野昌磨(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 15日開幕のフィギュアスケート世界国別対抗戦の前日練習が14日に会場の丸善インテックアリーナ大阪で行われ、男子で平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)が午前の部を消化した。

 SP「グレイト・スピリット」の曲かけでは、冒頭のフリップの回転が抜けて2回転に。4回転トーループはこらえて着氷。後半のアクセルは1回転となったが、跳び直してトリプルアクセル(3A)を決めた。ステップシークエンスで足がもつれて、その場に寝転ぶ場面もあった。

 その後の練習では、4回転トーループ(4T)や4回転フリップ―3回転トーループを着氷。今回のフリー予定構成に組み込んだ3A―4Tにもトライし、後半の4Tでバランスを崩しながらも降りた。最後はステップシークエンスなど振付を確認して、午前練習を終えた。

 男子SPは15日午後6時25分、フリーは16日の午後6時10分から行われる。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月14日のニュース