野口啓代 16日のスポクラW杯、19年以来の海外遠征「楽しんでこようと思っている」

[ 2021年4月14日 05:30 ]

野口啓代
Photo By スポニチ

 スポーツクライミングのW杯ボルダリング(16、17日、スイス)に出場する女子で東京五輪代表の野口啓代(31=TEAM au)、野中生萌(23=XFLAG)が13日、オンラインで取材に応じた。

 新型コロナウイルスの影響で19年以来の海外遠征。野口が「楽しんでこようと思っている」と言えば、野中も「国際大会が恋しかった」と話した。14日で東京五輪開幕まで100日。野口は男子ゴルフのマスターズを制した松山に刺激を受け「負けていられない」と意気込んでいた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月14日のニュース