松山英樹 グリーンジャケットで凱旋会見 東京五輪金メダルを宣言「そこを目指して頑張りたい」

[ 2021年4月14日 17:51 ]

オンラインで会見を行った松山
Photo By 提供写真

 11日まで行われた男子ゴルフの海外メジャー、マスターズ(米ジョージア州オーガスタ・ナショナルGC)で日本男子として初めてメジャー優勝を果たした松山英樹(29=LEXUS)が14日、オンラインで帰国会見を開いた。

 前日に帰国したという松山は「まだ日本に帰って来て誰ともあっていないので不思議な感じ。日本に帰ってきてニュースを見るたびに凄いことをしたんだなと感じている」と日本での報道を見て、優勝の重みを実感していると明かした。

 今夏の東京五輪に向けては「今のところ順位的には代表に選ばれると思うので、無事に開催されたら、金メダルを目標に頑張りたい、そこを目指して頑張りたい」と目標を掲げた。

 今後の予定については「本来なら(5月6日開幕の)ウェルズ・ファーゴ選手権に出る予定だったけど、どうするか考えている。(5月13日開幕の)AT&Tバイロン・ネルソンは出る予定」と説明。5月20日開幕のメジャー全米プロ選手権については「頭が切り替わっていない状況なので何とも言えないけど、切り替わった時にまたメジャーで勝てるように、いい戦いができるように、日本のファンのみあさんにいい報告ができるように頑張りたい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月14日のニュース