早藤キャディー「実感が…」感謝の思い新た「松山プロとの初優勝をマスターズで出来たことを誇らしく」

[ 2021年4月14日 15:34 ]

マスターズを制し、「チーム松山」で記念撮影する(左から)飯田トレーナー、早藤キャディー、ターナー・マネジャー、松山、目沢コーチ(AP)
Photo By AP

 日本人初のマスターズ制覇を果たした松山英樹(29=LEXUS)のバッグを担ぐ早藤将太キャディー(27)が14日に自身のインスタグラムを更新。届いた多くのメッセージに感謝した。

 優勝直後に帽子を取ってコースに一礼する謙虚な様子の動画がツイッターなどで広がり今話題となっている早藤キャディー。「まだ正直実感が湧きませんが、皆様からの沢山のメッセージを頂き有難うございます。キャディーとして松山プロとの初優勝をこのマスターズで出来たことを本当に誇らしく思います」とつづりマスターズを終えて共に闘ったチーム松山と応援してくれたファンへの感謝の気持ちを言葉にした。

 続けて「全ての人の思いがこの優勝につながったと思います。これからも引き続き応援宜しくお願い致します。次の優勝に向けてまた1から頑張ります!」とさらなる高みを目指して、今後の意気込みも記した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月14日のニュース