女子シングルス 平野ら日本勢5人そろって初戦突破

[ 2019年4月24日 05:30 ]

卓球・世界選手権個人戦第3日 ( 2019年4月23日    ハンガリー・ブダペスト )

力強いスマッシュを放つ平野(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 女子シングルスは23日に1回戦が行われ、日本勢5人がそろって突破した。

 前回大会で、日本女子48年ぶりメダル(銅)を手にした平野は、北朝鮮のキム・ジンヒャンに4―1で勝利。国際連盟のプロフィルには右利きの記載があるが、実際は左利きという情報が少ない22歳を退けた。

 大会前には「メダルから2年も空いている。そんなに気負いすぎることはない」と自然体の心境を口にしていた。5人とも同日の2回戦へ進んだ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年4月24日のニュース