男子シングルス張本が逆転勝利 右手薬指の不安「痛みは全くなかった」

[ 2019年4月24日 05:30 ]

卓球・世界選手権個人戦第3日 ( 2019年4月23日    ハンガリー・ブダペスト )

張本智和(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 男子シングルスは23日に1回戦が始まり、前回、大会最年少8強の張本のほか、水谷、吉村和らが勝利を収め、2回戦に進出した。張本はポーランド選手に4―1で勝利した。

 第1ゲームを落とすまさかの立ち上がりも、徐々に復調した。22日は木造と組んで男子ダブルス1回戦に勝利。右手薬指腱しょう炎の不安を抱えているが「痛みは全くなかった。あったとしても5%くらい」と明るい材料を口にしていた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年4月24日のニュース