福島まさか女子100メートル準決勝で敗退「右肩上がりでやっていけたら」

[ 2019年4月24日 05:30 ]

陸上・アジア選手権第2日 ( 2019年4月22日    ドーハ )

女子100メートル準決勝で敗退した福島千里=
Photo By 共同

 女子100メートル準決勝で福島が12秒02で落選した。昨夏の故障以降、思うような結果が残せていない日本記録保持者は「厳しい結果は今日が初めてではない。右肩上がりでやっていけたらいい」と精いっぱい前を向いた。

 痛みはほぼなくなったというが、アキレス腱痛で200メートルなどを欠場したジャカルタアジア大会の11秒99よりも結果は下回った。「(練習を)コツコツやるしかないんですかね」と淡々と語った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「バスケットボールW杯2019」特集記事

2019年4月24日のニュース