ザギトワ すっぴんを初披露 美しさの秘訣も明かす

[ 2019年4月25日 00:00 ]

アリーナ・ザギトワ 「Numero TOKYO 2019年6月号」(扶桑社)
Photo By 提供写真

 2018年平昌五輪女子フィギュアスケート金メダリストのアリーナ・ザギトワ(16)が、26日発売の「Numero TOKYO」6月号(扶桑社)に登場し、美しい“すっぴん”を初披露することがわかった。

 世界選手権で初優勝を果たし、16歳にして才能、強さ、美しさ…女性が憧れるものをすべて手にしたザギトワ。今回は2018年秋からグローバルアンバサダーを務める資生堂の協力で撮影が実現。大人っぽいモードファッションに身を包みながらもティーンエイジャーらしいあどけなさが溢れるショットも披露。美の頂点に立つトップアスリートのビューティに関するインタビューなども含め、7ページにわたり掲載される。

 撮影は世界選手権の数日後。氷上とは一転して、ドレスアップした姿だけでなく、ブラトップにジーンズというラフなファッションでも撮影に応じた。ヘアメイク前の素顔は、16歳のあどけなさの中に金メダリストとしての貫ろくも漂わせている。美肌を保つ秘訣や、こだわりのスキンケアなども明かしている。

 多くの観客に感動を与える表現を生み出すために、大切にしていることは何なのか。これから迎える20代、30代のビジョン、憧れの女性像については「“強くて、美しくて、スタイリッシュ”であること」と断言する。そんなザギトワが一人だけ名指している“憧れの歌手”とは…。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年4月24日のニュース