男子やり投げ 新井銅メダル 「地獄だった」ケガ乗り越え笑顔

[ 2019年4月24日 05:30 ]

陸上・アジア選手権第2日 ( 2019年4月22日    ドーハ )

男子やり投げで銅メダルを獲得し、表彰式でポーズをとる新井涼平
Photo By 共同

 男子やり投げで、新井涼平(スズキ浜松AC)は「久しぶりに日本へお土産ができた」と銅メダルに相好を崩した。

 首のケガに苦しんできただけに、うれしいメダルだ。過去2年間の日々を振り返りつつ「地獄だった」と表現した。記録は自己ベストに及ばない81メートル93だったが「まだ技術がばらばら」と自戒を込める。「今年の感じだと自己ベスト(86メートル83)更新もいける」と手応えを口にしていた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年4月24日のニュース