坂本 笑顔のフィニッシュで6位 視線は4年後へ「次はもっと自信もって」

[ 2018年2月23日 14:16 ]

平昌冬季五輪   フィギュアスケート女子フリー ( 2018年2月23日 )

<平昌五輪フィギュアスケート>女子フリー、華麗に滑る坂本花織(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 平昌五輪は23日、フィギュアスケートの女子フリーが江陵アイスアリーナで行われ、ショートプログラム(SP)5位の坂本花織(17=シスメックス)はフリーで136・53点、合計209・71点で6位となった。

 力強く4分半を滑りきるとフィニッシュでは笑顔もこぼれた坂本。「ノーミスで出来なかったことは悔しいんですけど、この場でやりきったという気持ちはあったので、最後は笑顔になりました」と振り返る。

 それでも初の五輪舞台で堂々の演技に「10代で一度(五輪を)経験したら、次ではもっと自信をもって臨めると思う」と早くも次を見据えると、「せっかくなら(次回五輪にも)連続で出たいな」と坂本らしくほほ笑んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年2月23日のニュース