復帰3戦目のタイガー・ウッズ タフな条件下で納得のイーブンパー

[ 2018年2月23日 09:33 ]

タイガー・ウッズ (AP)
Photo By AP

 米男子ゴルフのホンダ・クラシックは22日、フロリダ州パームビーチガーデンズのPGAナショナル(パー70)で第1ラウンドが行われ、腰の手術から復帰3戦目のタイガー・ウッズ(42=米国)は、3バーディー、1ボギー、1ダブルボギーのイーブンパーで、21位タイにつけた。

 ウッズは3番ホールのパー5でダブルボギーを叩くも、続く4番ホールのパ−4でバーディー。風が吹く中、アウトでも2つのバーディーを奪い、ギャラリーを沸かせた。ホールアウト後の会見では、「風など条件が厳しい中、ボールをしっかりとコントロールできた」と自身のプレーに納得の様子だった。

 4アンダーの首位タイは、アレクサンダー・ノレン(35=スウェーデン)とウェブ・シンプソン(32=米国)の2選手。前年覇者のリッキー・ファウラー(29=米国)は、1オーバーの36位タイと出遅れた。なお、日本人選手は出場していない。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年2月23日のニュース