15歳ザギトワが金メダル!メドベージェワとの頂上決戦制す

[ 2018年2月23日 13:37 ]

平昌五輪フィギュアスケート女子フリー ( 2018年2月23日    江陵アイスアリーナ )

女子フリー、ザギトワの演技(AP)
Photo By AP

 平昌五輪のフィギュアスケート女子フリーは23日、韓国・江陵アイスアリーナで行われ、ショートプログラム(SP)で世界最高82.92点で首位のアリーナ・ザギトワ(15=個人参加のロシア選手)が22番滑走者として登場。フリーの得点は156・65点で合計239・57点で、SP2位のエフゲニア・メドベージェワ(18=個人参加のロシア選手)との頂上決戦を制し金メダルを獲得した。

 曲はバレエ「ドン・キホーテ」。SPと同じくフリーでもジャンプは全て基礎点が1・1倍になる後半に集める構成を演じきった。後半最初の連続ジャンプ、3回転ルッツ―3回転ループは2本目が跳べなかったが、終盤の3回転ルッツに3回転ループをつけて完璧なリカバリー。圧巻の演技を披露し、演技後にはガッツポーズを見せた。

 ザギトワは22日の前日練習で演技予定にはない高度な3連続3回転ジャンプを事もなげに決めるなど軽快な動きを披露。好調をキープしたまま本番でも抜群のパフォーマンスを発揮した。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年2月23日のニュース