71歳・法華津がギネスに認定 ホッケー加藤は最年長記録

[ 2012年8月11日 11:02 ]

 ロンドン五輪に71歳で出場した馬術の法華津寛(アバロン・ヒルサイドファーム)とホッケー女子の加藤明美(HANNO)がギネス世界記録に認定されたことが10日、分かった。法華津は初出場した1964年東京五輪からロンドン五輪までの期間が史上最長となり、41歳の加藤はホッケー女子で五輪史上最年長出場の記録が認められた。

 加藤は11日にロンドン市内で開かれる認定式で「ギネスブック」を出版するギネス・ワールド・レコーズ社から認定書を受け取る。法華津は既にロンドンを離れているため出席しない。

 日本のスポーツ界ではプロ野球で1492試合連続フルイニング出場を果たした阪神の金本知憲や、フィギュアスケート女子で史上初めてショートプログラムとフリーで計3度トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させた浅田真央(中京大)が認定された例などがある。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年8月11日のニュース