41歳の加藤にギネス認定書 ホッケー女子最年長出場

[ 2012年8月11日 22:44 ]

 ホッケー女子で五輪史上最年長出場の記録が認められた41歳の加藤明美(HANNO)に11日、「ギネスブック」を出版するギネス・ワールド・レコーズ社から認定書が手渡された。

 ロンドン市内で、ギネスブックの編集長から認定書を受け取った加藤は「どの大会に行っても自分よりも年上の選手はいなかったが、まさか自分が最年長とは知らなかった。できれば五輪(全体)の最年長記録も目指したい」と笑顔で話した。

 五輪3大会連続出場の加藤は、今大会も日本の1次リーグと順位決定戦の全6試合に出場した。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年8月11日のニュース