中国110メートル障害・劉翔 英国で手術

[ 2012年8月11日 06:00 ]

ロンドン五輪陸上

 新華社電によると、7日の五輪陸上男子110メートル障害予選を途中棄権した04年アテネ五輪金メダルの劉翔(中国)が9日、ロンドンの病院で右アキレス腱の手術を受けた。

 競技に復帰できるかについて、孫海平コーチは回復次第だと語った。劉翔は1台目のハードルを引っ掛けて転倒し、アキレス腱の損傷と診断された。08年北京五輪は同じ部位の痛みでスタート直前に棄権した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年8月11日のニュース