湯元兄弟 双子メダリストに!過去には双子で金メダルの例も

[ 2012年8月11日 04:30 ]

男子フリー55キロ級で獲得した銅メダルを手に笑顔を見せる湯元進一

ロンドン五輪

(8月10日)
 男子フリースタイル55キロ級の湯元進が、北京五輪60キロ級3位だった双子の兄、健一に続いて銅メダルを取り、珍しい双子メダリストが誕生した。レスリングではセルゲイとアナトリーのベログラゾフ兄弟が旧ソ連代表として1980年モスクワ五輪のフリースタイルで金メダル2個を獲得している。

 2人組の種目では北京五輪ボート女子ダブルスカル金のエバーズ姉妹(ニュージーランド)、同五輪カヌー・スラローム男子カナディアンペア金のホフショルネル兄弟(スロバキア)などの例がある。今大会でもテニス男子ダブルスでブライアン兄弟(米国)が優勝した。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年8月11日のニュース