100&200完敗も…ブレーク悔いなし銀

[ 2012年8月11日 06:00 ]

 ジャマイカの代表選考会でボルトに対して2戦2勝だったブレークは今季自己ベストをマークしたものの、男子100メートルに続いて200メートル決勝でも2位。

 19秒25の自己ベストを更新していれば勝機もあったが「きょうはウサインの日だった。五輪で2位が2回でも悔いはない。僕には若さがあるし、これから頑張ればいい」とサバサバとした表情だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年8月11日のニュース