森岡10位、山崎 歩型違反で失格、谷井は棄権

[ 2012年8月11日 21:45 ]

男子50キロ競歩 10位でゴールした後によろめく森岡紘一朗

 男子50キロ競歩を行い、森岡紘一朗(富士通)が3時間43分14秒で10位となり、山崎勇喜(自衛隊)は18キロすぎに歩型違反で失格、谷井孝行(佐川急便)は途中棄権に終わった。キルジャプキン(ロシア)が3時間35分59秒の五輪新記録で初優勝した。

 184センチの大きな体はゴールすると力なくよろめき、係員に支えられた。山崎、谷井が相次いで離脱した男子50キロ競歩で、ただ一人残った27歳の森岡が3時間43分14秒の自己ベストをマークする健闘をみせたが、入賞には届かず「追っても、追っても入賞に届かなかった」と話した。

 ▽山崎勇喜の話 4年間、一生懸命頑張ってきたのに、本番の舞台では一瞬で終わってしまった。寂しいし、残念でならない。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年8月11日のニュース