15年分の思い…栄監督、号泣「神頼みもした」

[ 2012年8月11日 06:00 ]

<レスリング女子フリースタイル55キロ級決勝>号泣する栄和仁監督に肩車される吉田沙保里

吉田 ロンドン五輪レスリング女子55キロ級優勝

 試合後、もっとも号泣したのは吉田を15年間直接指導してきた栄監督だった。

 「正直言って、この五輪は難しいと。沙保里もトンネルを抜けきれなかったみたいだったし」。ロンドン入り後はほとんど眠れず、女子強化委員長の辞任も考えたという。「最後はいろんな人の力を借りて、神頼みもした。最後に爆発してくれた」と声を震わせた同監督は「アイツは普通じゃない、なんかおかしい」と泣き笑いした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年8月11日のニュース