丹羽 休まずドイツへ「力をつけてきます」

[ 2012年8月11日 06:00 ]

大勢の人たちの出迎えを受けて帰国した卓球男子代表の(手前から)丹羽、岸川、水谷

ロンドン五輪卓球

 メダルに届かなかった男子団体のメンバーだった丹羽は「準決勝では2つ落としてチームに申し訳なかった」と反省しながらも「20日からドイツのブンデスリーガに参加して、力をつけてきます」と早くも4年後のリオデジャネイロ五輪に向けての始動を宣言した。

 岸川は「簡単に4年後とは言えない」と話し、水谷は「悔しい気持ちしかないがこれをバネにしたい」とさらなる成長を誓った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年8月11日のニュース