阪本 五輪初出場で8位!日本選手28年ぶり入賞

[ 2012年8月11日 18:16 ]

男子スプリント・カナディアンシングル200メートル決勝 レースを終え苦しそうな表情を見せる8位の阪本直也

 スプリントの男子カナディアンシングル200メートル決勝で、初出場の阪本直也(和歌山県教委)は8位となった。カナディアンで日本選手が入賞するのは28年ぶり。

 女子カヤックシングル200メートルでは9~16位決定戦に回った北本忍(富山県体協)が13位。男子カヤックシングル200メートルの9~16位決定戦では松下桃太郎(石川県体協)が11位だった。同カヤックペア200メートルの松下、渡辺大規(ユニー)組は9~13位決定戦で10位が決まった。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年8月11日のニュース