団体初メダルへ フルーレで日本が中国下し、準決勝進出

[ 2012年8月5日 19:44 ]

男子フルーレ準々決勝 ポイントを奪いガッツポーズの太田

ロンドン五輪フェンシング

 5日は男子フルーレ団体の準々決勝を行い、日本が45―30で、昨年の世界選手権で優勝した中国を破り、4強に進んだ。日本は団体では初となるメダルを懸け、準決勝で昨年の世界選手権3位のドイツと対戦する。

 4日は女子エペ団体を行い、中国が決勝で韓国を39―25で下し、この種目で初の金メダルを獲得した。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年8月5日のニュース