江里口予選落ち「ゴール見えて硬くなった」

[ 2012年8月5日 06:00 ]

男子100メートル予選2組6着に終わり悔しそうな江里口匡史(右)

ロンドン五輪陸上

 山県とともに予選に出場した江里口だが、第2組で10秒30の6位となり、準決勝には進めなかった。

 「飛び出しは良かった」とスタートダッシュには成功したが、中盤でかわされて「ゴールが見えた瞬間に体が硬くなった。その間に2、3人に抜かれて。自分の悪い癖です」と嘆いた。自己ベストの10秒07は山県にも並ばれて、初出場の五輪は苦いスタートとなった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年8月5日のニュース