義足のピストリウス 初出場で予選突破

[ 2012年8月5日 06:00 ]

陸上男子400メートル予選に出場した南アフリカの義足のランナー、オスカー・ピストリウス

ロンドン五輪陸上男子400メートル

 歴史の扉を開いた。両脚が義足のオスカー・ピストリウス(南アフリカ)が五輪初出場で準決勝に進出。「いろんな感情が入り交じって言葉にできない」と感慨に浸った。予選で今季自己最高の45秒44をマーク。

 超満員の観客は「オスカー」の大声援。障害者スポーツの枠を超えた“偉大な挑戦”に万雷の拍手が降り注いだ。レース後は各国のメディアから取材を受け「朝から神経質になったが、第二の故郷のような英国で競技人生のハイライトになる経験ができた」と喜んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年8月5日のニュース